翻訳・通訳・グローバル事業のパートナー

ブログ

By: 703 inc. | November 18, 2016

2016年10月の訪日外客数が発表されました。

10月として過去最高だった2015年10月の182万9千人を大きく上回る213万6千人となり、記録を更新しました。 これは、単月過去最高である2016 年 7 月の 229 万 7 千人に続く、過去2位の記録です。また、1月から10月の累計訪日外客数も初めて2,000万人を超えました。

アジア圏の国慶節や学校休暇等による需要の高まりに加え、クルーズの寄港増加や航空路線の拡大・増便、日本国内における国際会議・イベントの開催、継続的な訪日旅行プロモーションによる効果が訪日外客数の増加に繋がりました。

地域別にみると、カナダとドイツが単月として過去最高を記録し、ロシアを除く17市場が10月としてこれまでの訪日街客数を大きく上回りました。特に欧米豪の市場については、20%増の伸びを記録し、10月の訪日街客数の増加に繋がりました。 1 月からの累計では、韓国、インドネシア、フィリピン、ベトナム、インド、米国、フランス、スペインの8 市場が年間累計最高を記録しています。

11月は日本の紅葉シーズンの本番であることから、さらに訪日旅行需要が高まると期待されています。

詳細は日本政府観光局(JNTO)の発表をご参照ください。

2016年10月訪日外客数速報値

Category: 訪日外客数 

Tags: