翻訳・通訳・グローバル事業のパートナー

ブログ

By: 703 inc. | September 21, 2016

2016年8月の訪日外客数が発表されました。

7月に引き続き200万人を突破し、前年同月比12.8%増となる204万9千人。8月としての過去最高の2015年8月の181万7千人を大きく上回り、記録を更新しました。

8月は夏期休暇シーズンも後半を迎えた中、クルーズ船の寄港増加や航空路線の新規就航・増便に加え、これまでの継続的な訪日旅行プロモーションの効果が、訪日外客数の増加につながりました。

市場別では、バカンスシーズンを迎えたイタリアとスペインが単月としての過去最高を記録し、韓国、中国、台湾、香港、タイ、マレーシア、フィリピン、ベトナム、インド、豪州、米国、カナダ、英国、フランス、ドイツの15市場が8月としての過去最高を記録しました。なかでも、中国は、単月過去最高となった先月7月の73万1千人に次ぐ67万7千人を記録しています。
また、マレーシア、インドネシア、ベトナム、カナダにおいては、前年同月比20%を超える好調な増加率となりました。
一方、経済制裁に伴う消費低迷の影響が続くロシアからの訪日外客数は4,300人で、前年同月比4.1%減となりました。

9月は、夏期休暇シーズンと秋の旅行シーズンの合間となりますが、韓国の秋夕チュソク(旧盆休暇)や中華圏の中秋節、東アジア・東南アジアでは祝日に伴う連休や休暇により比較的旅行しやすい日並びであることに加え、東アジアにおいては、クルーズ船の寄港数増加や航空路線の新規就航が予定されています。
国際的な政情不安、円高傾向による消費者の旅行動向への影響については、引き続き注意が必要であるものの、さらなる訪日外客数の増加が期待されています。

詳細は日本政府観光局(JNTO)の発表をご参照ください。


2016年8月訪日外客数速報値

Category: 訪日外客数 

Tags: