翻訳・通訳・グローバル事業のパートナー

ブログ

By: 703 inc. | January 05, 2016

世の中、情報はありとあらゆるところに溢れ、そして日々増え続けています。しかしその最先端の情報のうち、日本語で書かれているものは実はほんの一部に過ぎないことにお気づきでしょうか。IT関係、医療関係、カルチャー関係、様々な分野の情報が英語・中国語・スペイン語・フランス語・アラビア語など日本語ではない言葉で発信され、その情報のうち翻訳されたごく一部だけが、日本語圏の私達に(日本語のコンテンツとして)届けられているのです。

そのため翻訳という仕事は言わば情報網にとっての大切なフィルターです。そのフィルターがしっかり機能しないと、情報が入ってこなかったり、入ってきても誤って伝えられることになるため、情報社会を生きる私達にとって翻訳はとても重要な役割を持つものなのです。

それでは少しだけ、翻訳だけでどう違うのかということを見てみましょう。まずは誰にでも共感できる簡単な例を取り上げてみます。よくアメリカ映画などで出てくる言葉 ”only God knows”. これは日本語に直訳すると「神のみぞ知る」ですね。しかし実際に翻訳される際には大体「知らないよ」と訳されます。それはアメリカ映画の中ではそういう気軽な感じで使用されているからです。これを直訳で「神のみぞ知る」としていたら、きっと映画を見ている人は、なんだか張りつめた感じになってきたなと感じてしまいます。

逆に日本語からの翻訳でいうと「大好き」と言う言葉。これは英語でよくI love youと訳されます。直訳すればI like you very much なのに、I love you と訳されるのはやはり「大好き」という言葉を日本人は強い気持ちを込めて普段使っているからになります。

仮に上記の文がそのまま直訳されていれば、映画の大事なワンシーン...

Category: 翻訳コラム 

Tags:

By: 703 inc. | December 14, 2015

自社のWebサイトやメディアなどを翻訳される際、何か国語に翻訳すればよいのか、
何語が必要なのか、悩まれる方は多いのではないでしょうか。


703でも、ECサイトやインバウンドメディアを運営されているお客様から「何語にすればいいでしょう?」とか「とりあえず英語だけでも十分ですよね?」などと、ご相談を受けることが最近増えてきています。


もちろん、より多くの国籍の方にリーチするという観点からは、できる限り多くの言語に対応することが望ましいのですが、翻訳した後の運用の手間や予算の問題等もあり、まずは言語を絞って翻訳・多言語化をスタートさせたいというのが本音ではないでしょうか。

今回の翻訳コラムでは、訪日旅行客の国別消費額を参考に、何か国語に翻訳すべきか?何語まで対応すべきか?について考えてみたいと思います。


次のグラフは、四半期ベースで初めて一兆円を超え話題となった、平成27年7-9月期の訪日旅行客の国別旅行消費額のグラフです。(出展:観光庁)


とりあえず英語だけに翻訳、で不十分なことは一目瞭然。英語を第一言語とする方の消費額はわずか10%程しかありません。


では、何か国語へ翻訳すべき?
について、いくつかおススメのパターンをご紹介いたします。


  1. できる限り数を絞りたい場合は英語、中国語、韓国語だけ
    Webサイトのレイアウトや予算の都合で、できる限り翻訳する言語数を少なくしたい場合。この場合でも、
    英語、中国語(簡体字:中国大陸)、中国語(繁体字:台湾、香港)、韓国語は必須です。
    特に中国語(簡体字+繁体字)でカバーできる旅行客は、金額ベースで約70%。ここは外せません。

  2. もう少し追加できるならタイ語、ベトナム語、マレーシア語、インドネシア語
    英・中・韓に加えて、ビザ緩和により訪日者が急増している東南アジア諸国...

Category: 翻訳コラム 

Tags: